予防医学について


[PR]

手首や指の治療法

物を握ったり、持ったり、パソコンやスマートフォンを使う時にも必ず使っている体の部分は手首、指ですね。この手首や指に不快感を感じた事のある人は多いでしょう。

手首や指を曲げにくいと感じたり、痒いような熱いような感じがしたりする症状が起きた時は腱鞘炎かもしれません。

腱鞘炎を治す会では腱鞘炎の治療法や腱鞘炎の症状や原因、たくさんの患者の悩みを解決してきた評判の良い名医などの腱鞘炎に関する情報をお伝えしています。 また他にも健康に毎日を送る上で気になる情報もお伝えしています。

是非、この腱鞘炎を治す会をご活用下さい。腱鞘炎は手首や指に痛みなどの症状が現れる病気です。

初期症状は上記に挙げたように軽い痛みや不快感を伴うだけですが症状が悪化するにつれて、継続的な痛みを伴います。コップを持ったりボタンを外す、止めるなどの日常的な行動を行っても痛みが出て来ます。

今まで何ともなかった行動の一つ一つに痛みを生じるので早く治したい病気ですね。この腱鞘炎を治す方法ですが腱鞘炎は手首や指の腱やその周りの筋肉が疲労して炎症を起こしている事が原因となって現れる症状です。

この腱鞘炎を起こす人は仕事でパソコンのキーボードを多く使用している職業についている人、ギタリスト、ピアニスト、テニスや野球などのスポーツ選手、また子育て中のお母さんなど指や手首を酷使している人達に発症します。

継続的に手首や指を酷使しているうちに腱鞘炎になってしまうのです。治療法として一番有効的なのは症状を起こしている部分を休ませるということです。腱鞘炎の症状が軽いうちに適切な処置を行う事で治る期間も早くなります。

痛みを堪えて痛みや炎症を起こしている手首や指を使い続けていると完治するまでにかかる期間も長くなりますし、何もしていなくても手首や指の痛みや違和感を覚えるなど酷くなってしまいます。

違和感や痛みを感じたら整形外科を受診しましょう。整形外科ではレントゲンを撮り骨などに異常が見られないか調べます。

問診やどんな風に動かすと痛みや不快感があるのか、どれくらいの時期から手首や指に痛みがあるのか、普段どのようにどれくらいの頻度で患部を使っているのかなどを医師に聞かれます。その上で医師が判断をします。

腱鞘炎の治療法として医師からは痛みや炎症を抑える冷湿布や抗炎症剤が処方されます。患部を冷やして炎症を抑えるのにはアイシング(患部を冷やす)も有効的な方法です。

また血行が悪くなっていることも炎症や症状を悪化させているのでマッサージを行うのも有効的な治療法です。サポーターを使用して手首や指への負担を軽くする事も効果的な治療法です。

腱鞘炎を軽い病気だと思って、放置していると手首や指の変形、肘などにも影響が出てきてしまいます。そうなる前に腱鞘炎を治すように努力をしましょう。腱鞘炎は手首や指の筋肉が炎症や疲労を起こして発症する病気です。

なかなか手首や指を使わずに生活するのは大変です。しかし、しっかりと休息を取らないと症状は悪化していく一方ですし、酷い時には手術をしなければ腱鞘炎が治らないという事にもなりかねません。

そうなる前の腱鞘炎の症状が軽い時期にしっかりと休養をして適切な治療法を行いましょう。整形外科だけなく整骨院でもマッサージや原因となっている腱鞘炎の原因となっていた動きの矯正を行ってくれます。

薬の力だけではなく本来、私達人間が持っている自然治癒の力で治すという治療法です。腱鞘炎になる人は知らず知らずのうちに手首や指の一ヶ所に負担をかけてしまう動作が癖になってしまっている事が多いのです。

腱鞘炎を起こしてしまっていた動作を矯正する事は腱鞘炎の再発を防ぐ予防にもなります。自分でも意識をして患部を休ませたり腱鞘炎を引き起こす動作をしなければ治療にかかる期間も短くて済みます。

腱鞘炎に一番悪い事は無理をしてしまう事です。手首や指は体のの中でも頻繁に使う部分ですから、無理をしないで腱鞘炎が軽いうちに適切な治療法を行いましょう。


お薦めサイト一覧


新着情報

 2017年03月13日:外食中心の食生活では健康に注意を
 2016年11月29日:ブロック注射
 2016年09月18日:ストレスについて