腱鞘炎を治す会 » 変形性膝関節症と運動

変形性膝関節症と運動

60代を過ぎると様々な病気に悩まされる人が増えてきますよね。その中の一つとして知られているのが、膝に痛みを感じる変形性膝関節症と呼ばれるものです。

通常膝というのはある程度の衝撃などがあっても耐えることができるように軟骨と呼ばれる部分があります。この軟骨は衝撃を抑える役割を持っていてある程度の膝の衝撃ならばしっかりと押さえることができるようになっているのです。

しかし、年齢を重ねれば衝撃も抑えることができなくなってしまいます。そして、この軟骨がすり減ってしまいバランスが崩れてしまうことでおこるのがこの変形性膝関節症というわけです。

この病気の特徴は痛みにあります。歩いている時や立ち上がるときなどに痛みなどを感じるようになるのです。

通常の膝の場合では歩いたり立ったりするときには軟骨が衝撃を和らげてくれるため痛みなどはないのですが、変形性膝関節症では衝撃を和らげることができなくなってしまうので、痛みを伴うようになるというわけです。

ある程度進行してしまうと支えている骨自体が削れてしまい骨蕀と呼ばれるものになります。こうなってしまうと痛みがより強くなり関節が曲がらなくなったり歩けなくなったりすることもあるのです。

初期症状などはほとんどないため痛みが現れたときにはある程度進行しているのがこの変形性膝関節症ですが、実は運動などをすることで改善することもできるのです。

といっても厳しい運動をしなければならないわけではありません。自宅などでも簡単にできるようなものを毎日続ければいいだけなのです。

たとえば椅子に座って足の曲げ伸ばしをしたり、うつぶせになって足を上げたりなどを行うことでこの変形性膝関節症は改善することができるのです。変形性膝関節症になってしまったり、ある程度予防をしたいという人は手軽な運動を心がけてみてください。