腱鞘炎を治す会 » 介護リフォームの補助金制度

介護リフォームの補助金制度

家族が介護が必要となった場合、安全や介護のため住まいのバリアフリー化をしたいと思ったかたも多いと思います。そのために要介護者または要支援者がバリアフリーのリノベーション工事を実施する場合に、介護保険により20万円を限度として、その費用の9割が支給されます。


いわゆる『高齢者住宅改修費用助成制度』と呼ばれる制度を利用することができます。ここでは、助成金支給対象となる介護リノベーション工事についてのご説明をします。

この制度により給付が受けられるリノベーション工事には、いくつかの種類があります。まずは、手すりの取り付けです。廊下、便所、浴室、玄関等の転倒予防、若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置します。これにより移動がしやすくなります。

次は、段差の解消のためのリノベーションです。居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するためのリノベーションを言います。具体的には敷居を低くする工事、スロープを取り付ける工事、浴室の床のかさ上げ等のことをいいます。

これによりつまずきをなくし、移動もしやすくなります。次は、滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更です。リビングにおいては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更です。

バスルームは、床材の滑りにくいものへの変更です。すべって転倒しないように配慮するものです。次は、引き戸等への扉の取り替えです。開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった取り替えです。

これにより、扉を開ける際の負担を軽減します。そして、洋式便器等への便器の取替えです。和式便器を洋式便器に取替えて、暖房便座・洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えもできます。

排便時の衛生を考えての措置です。補助金の支給を受ける際には、市町村の介護保険課へ必要書類をそろえて届出をしましょう。