腱鞘炎を治す会 » 腰痛コルセットとゆがみ

腰痛コルセットとゆがみ

このような名称を聞くと骨折した時には必須の硬い装身具、というイメージがありますが、腰の痛みを和らげる目的でも使用している方は多くいらっしゃいます。

また広く知られていることですが、常用をしすぎると腰にはよくありません。やはり筋肉の代用として用いられるものですので、腰の筋肉が徐々に弱体化します。ずっと装着していると腰の骨を支える力がほとんどなくなってしまうのです。

しかしこの器具はサポートだけではなく、ゆがんでしまった骨盤の矯正の効果もあります。骨盤はずれることはほとんどありませんが、ゆがみを起こす方はとても多くいらっしゃいます。

股関節や膝をコントロールするための大きなポイントである骨盤は、腰痛になるとゆがんでしまいます。腰、そして骨盤と股関節を補強するようなものになると大きなサイズになりますが、腰の部位だけをカバーするものよりはかなり有用です。

歪みといえば整骨や整体などで治療を受ける方が少なくありません。腰痛自体が身体のゆがみから来ている場合特に効果は高いと言えますが、どちらの場合も病院よりも気軽に足を運ぶことができ、それぞれの症状ごとに得意分野を持っているところがお勧めです。

また他にもベルト、あるいはバンドのタイプもあります。こちらはゴムなどを主に使用した軟性のコルセットと考えて問題ないようです。また病院で利用することが多い剛性の高いものを腰痛コルセットと呼ぶケースが多いようです。

ゴムバンドタイプのものの場合は骨盤の近くに巻き、そのまま生活をしていると、筋肉の動作に平行してゴムが伸縮し、筋肉をマッサージするような効果を得ることもできます。

筋肉の弾力性を腰のために増強している状態、と考えることもできますので、動きに慣れてくればそれほど悪い影響は出ません。

またゴムのものは保温性も高く、冷え性の方にとっても使い勝手が高いと言えます。サイズや形も人それぞれですが、今ではかなりの種類が販売されています。