腱鞘炎を治す会 » よく噛んで全身健康に

よく噛んで全身健康に

あなたは食事を摂る際何回くらい噛んでいるか考えたことがありますか。ほとんど噛まずに飲み込んでいるという人は少し注意が必要です。

ほとんど噛まずに食べ物を飲み込むと胃に掛かる負担が大きくなったり、胃で消化されない栄養素が身体にあまり吸収されなかったりと様々な弊害が発生します。

食べ物を良く噛んで食べるのは消化を助けるだけでなく非常に多くの恩恵を人体にもたらすのです。健康な身体を作るためにも噛むことによって表れる恩恵について調べてみましょう。

そもそも噛むという動作は口の中の食物を小さくして消化しやすくしたり、唾液を大量に分泌させて胃や腸では消化されないものを消化させるために行うもので、叱り行わないと食物を消化するのに時間が掛かったり、胃に負担を掛ける事になります。

ところが噛むことによって得られる恩恵はそれだけでなく、身体全体に大きな影響を与えることになるのです。

例えば噛む回数が多いと顎が鍛えられ、歯並びや噛み合わせが良くなったり、唾液の分泌量が増えて歯周病や虫歯といった歯の病気を予防することも出来ます。

さらに口の中以外の場所にも影響を与える事が出来、その中でも特に影響が出るのが脳の働きであるといわれています。

噛む事によって脳の記憶を司る部分が活性化され、記憶力が上昇するなどの効果が実験の結果判明し、毎日多く噛む様にしていれば認知症予防にも繋がるのだそうです。

その他の脳の部位にも刺激が与えられ、集中力が上昇したりストレスの上昇を食い止めたりと様々な効果を発揮するのだそうです。

脳以外にも身体全体の骨や筋肉にも影響を与えて姿勢が正しくなったり視力がアップしたりと本当に多くの恩恵を受けることが出来るのです。

健康な身体を作るための方法としては噛む回数を増やすのは非常に簡単です。普段あまり食べ物を噛まずにすぐに飲み込んでしまうという方は意識的に噛む回数を増やして身体を労わった食事を行うようにしましょう。