腱鞘炎を治す会 » ブロック注射

椎間板ヘルニア

ブロック注射

先日知人が椎間板ヘルニアを患ってしまい、なんとかその腰の痛みを取り除けないかといろいろ治療法を模索していたみたいで、とりあえず今落ち着いたのが、ブロック注射なんだそうです。

なんだか私的には、この注射は、痛いしかつ怖いイメージだったから、いろいろ大丈夫なの?って根掘り葉掘り聞いてしまいました。

この療法は効率的に痛みを和らげるだけでなくて、自然治癒力を高める効果もあるんだと初めて知りました。

知人の椎間板ヘルニアの症状は手術をするほどでもないんだけれど、薬を飲んでもなかなか痛みだけが取れなくて、辛い生活の毎日送っていたそうなんです。

そのような椎間板ヘルニア症状には、この注射治療は有効のようで、治療期間を短縮して、さらに鎮痛効果が得られる可能性があるんみたいなんです。

しかしながら、内服治療と比べると、はじめは知人も含めて、なんだか怖そうだし、それに注射は痛そうって、注射治療に対してやっぱり不安を持つ人が多いようなのです。

でも、いろいろ詳しく説明をきいているうちに大丈夫かなって思えたみたいです。椎間板ヘルニアの場合、ブロック注射の持続時間は、症状にもよるみたいではあるんだけれど、1回の治療で、数日から数週間程度の治療効果が持続される方が多いのです。

なので、そう頻繁に射たなければならないわけではないようです。注射の中身は、局所麻酔薬です。なので、痛み止めとしての作用はもちろんのことなのですが、筋肉を緩めたり、炎症を抑えたり、そして血流を改善する働きがあるようです。

また神経の炎症が激しい場合は、ステロイドを注入することもあるとのこと。一見、対症療法のように思われがちなのですが、対症療法ではなく、自身の治癒能力を活性化することにより、効率よく痛みを和らげる治療方法なのです。

対症療法というのは、繰り返し行っても薬の効果が切れてしまうと、また痛みが元に戻ってしまいます。それに対して、ブロック注射治療は血流の改善や炎症を起こした神経の回復を促す作用があるので、繰り返し行なうことによって、徐々に痛みを緩和していくのです。

ですから、ブロック注射は単なる対症療法とは少し異なってくるわけなのです。このように、ブロック注射治療は、医学的論拠に基づいた保険適応のある安心できる、椎間板ヘルニアを改善するための医療行為のようなのです。