腱鞘炎を治す会 » ブロック注射とヘルニア

ブロック注射とヘルニア

一定の年齢を超えるとヘルニアで悩まされるという人は多いのではないでしょうか。この症状は様々な部位でなってしまうものでそれぞれ部位によって治療法などが異なってきます。

この症状の特徴といえばなんといってもその痛みです。また、ある程度進行してしまうと痛みが特徴的になり寝られなくなってしまうほどの痛みを伴うこともあるのです。

そういったときにしっかりとそのような状態を抑える方法がなければ生活も大変ですよね。そのような場合には痛み止めなどがつかわれることが多いですが、効果が表れてもすぐに切れてしまいすぐに症状が復活してしまったり、長く使っていると次第に効果が薄れていったりしてしまうのです。

そこで、症状をしっかりと長く抑えることができるものとして今注目されているのがブロック注射と呼ばれるものです。

これはその名の通り、注射をすることです。ふつうの注射と違うところは痛みを伴っている神経に直接打つというものだということです。

このブロック注射というのは麻酔注射のことで痛みが出ている個所に打つことにより痛みをしっかりと抑えるという効果を持っているのです。

この注射の特徴はなんといっても持続時間です。通常、薬などを使用しても一日程度しか持ちません。しかし、この方法の場合ならば数週間程度持たせることができるのです。

さらに、患部に直接打つことで、飲み薬などと違い効果が薄れるといったこともないので、何度使っても大丈夫ということも今このブロック注射がつかわれているポイントでもあります。

この方法は今では様々な医療機関で打つことができるようになっています。それぞれの医療機関によってかかる費用というのは変わってきますが、どうしてもヘルニアの症状が引かないという人はブロック注射を利用してみてください。