腱鞘炎を治す会 » 契約について

契約について

リノベーションや他のことについても同じことが言えるのですが、契約ということは厳密にやらなければいけないことの一つです。

リノベーションの契約について言えば、まず契約を行なう前にきちんとやっておかなければいけないことがあります。

それは、プランと見積書をしっかりと確認することです。プラント見積書を再確認することで、工事中に追加したり、変更したりということが少なくなります。

他にも、契約後に設備機器などを選ぶと予算が狂ってしまうことがあるので注意が必要です。リノベーションの会社も仕事なので、早く契約をしてもらいたいと考えて、細かいことは後でも修正ができるから先に契約をというようにせがんでくる場合があります。

しかし、後になって自分が納得がいかないということになって変更した場合は予算アップに繋がってしまうこともあるのです。

内装や設備の色程度ならば、変更してもそれほど費用には影響しないようですが、設備本体や素材自体を変えるということになると大幅に費用が上がってしまうことがあります。

ですので、追加や変更をなるべく少なくする努力を怠らないようにしましょう。次に、契約の時に確認することですが、リノベーションの工事の契約には、様々な書類が必要になっていきます。

一つ一つをしっかりと冷静になって確認しながら疑問を解消していき、全てに納得がいくのであれば押印をしましょう。

その時には、見積書や設計図書、工事請負契約書、請負契約約款といった書類がきちんと揃っているのかということを最低限確認することを忘れないようにしましょう。

忘れてはいけないことは、他にもあります。それは、口約束は契約にはならないということです。

工事の契約はこれから行なわれる工事に対してこれだけ払うという契約なので、しっかりと払ったお金できちんと工事を行なってくれるのか確認することが重要なのです。