腱鞘炎を治す会 » 頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアと診断されれば、当然その後治療を受けることになるかと思います。

しかし、頚椎ヘルニアの症状は、手足のしびれや、悪くなると身体の麻痺など、日常生活に影響を及ぼしてしまうものが多いです。


そのため、頚椎ヘルニアで具体的にどのような治療が行われているのかということに、みなさん興味があるかと思います。ここでは、頚椎ヘルニアにおける治療法について、簡単ながら説明したいと思います。

まず、頚椎ヘルニアの治療の方針ですが、これは椎間板ヘルニアによって脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかで異なります。

前者の場合ですが、進行性の脊髄症状である手足のしびれや麻痺などが進行していて、レントゲンなどを用いた検査でも、脊髄が圧迫されていたり、浮腫などの明らかなダメージを示していれば、頚椎ヘルニアと診断された後、早急に手術を検討することになります。

頚椎ヘルニアの手術方法に関してですが、「前方法」と「後方法」の大きく分けて二種類の方法が存在します。「前方法」では、椎体および椎間板組織を削りとることでヘルニアを摘出します。

その後、削って開いた空間に自身の骨盤などから採取した骨を移植する方法をとります。「後方法」ではは、後ろから脊柱管と呼ばれる部位を拡大してやることで脊髄の圧迫を和らげる方法です。

一方、近年では、外部に露出した髄核は、時間の経過と共に吸収あるいは消失する可能性があると考えられるようになって来ました。そのため、頚椎ヘルニアでもしびれなどの症状に大きな変化が見られない場合は、保存療法を行い経過観察を行うケースが多くなってきています。

神経根症状の場合には、主に先に述べた保存療法が採用されます。基本的に頚椎カラーを用いて頚部を安静状態に置き、薬物療法を行なっていくことになります。また、保存療法で頚椎ヘルニアの症状に改善が見られない場合、手術を検討することもあります。