腱鞘炎を治す会 » 脊柱管狭窄症と手術

脊柱管狭窄症と手術

脊柱管狭窄症の治療法として手術はもちろん可能ですが、重症でない限り行いません。一般的なものとして、薬物療法、ブロック注射、装具療法等が挙げられます。

脊柱管狭窄症の治療方法は他にも沢山あるのですが、一度患うと治るまでに時間がかかる病気でもあります。そういったことで一番気になる事が病院、医者選びです。

特に手術となると、「整形外科の医者」という肩書きではなく、「脊柱管狭窄症の名医」でないとなかなか手術を安心して任せられないでしょう。名医とは言っても人間ですので、自分と相性が合うか、それも大事です。

そしてなにより肩書きや資格にとらわれず、経験と実績、口コミ等を見て納得した上でコンタクトを取りましょう。また、技術や実績がいくらあっても、コミニュケーションが取れない医師は色々とトラブルになることもありますので、自分と相性の合った名医を選ぶようにしましょう。

その辺りの基準をしっかりとして選んでおけば、医師と一緒に病気に向き合う事で、回復も思った以上に早くなるかもしれません。また、病院選びも同じような事がいえます。

しかし、最近その道の名医等と偽って、医師免許がないにも関わらず医療行為をするなどの犯罪も増えています。こうした犯罪に巻き込まれないためにも、情報収集は欠かせません。