腱鞘炎を治す会 » すべり症の手術

すべり症・分離症

すべり症の手術

すべり症で手術をする、というのはどのような症状が出た場合なのか、どのような診断結果が出た場合に適しているのか、気になる方は多いでしょう。

激しい痛みがはじめて起きたばかり、というような急性期にあたる場合や、自覚症状が腰痛のみ、という場合には保存療法がほとんどのようです。

その場合はすべり症の症状に最もマッチした保存療法が選択されるでしょう。すべり症の症状が腰痛以外に下肢のしびれ、歩行障害などもある、というところまで来ると、手術をすることを勧められるようになるでしょう。

すべり症ではほとんどが固定術を適用します。ボルトで固定するため、患者さん自信には負担が大きすぎる、という方もいらっしゃいます。また、骨の移植による固定を行った場合、骨が癒合するまで長期の安静が必要です。

インストルメンテーションと呼ばれる医療素材を用いて固定する方法では、骨の移植よりも早めに退院や社会復帰が出来るようです。すべり症の術法では、神経組織の圧迫を取り除く方法もあります。

ただ、手術をしても改善しなかった、という例も少なくはありません。それだけ負担のかかるものを受けたのに、今後の生活は大丈夫なのだろうか?と不安になってしまう方も多いでしょう。

そのような場合には再度行う場合もありますが、それでもしまた改善しなければどうするのかと不安になることは必至でしょう。特にすべり症で緊急の痛みが出てすぐに手術する、という場合には注意が必要です。

すべり症の保存治療を何度も受け、その後で踏み切る、という場合には医師との疎通もよくされているため、それほど悪い結果にはならないでしょう。またすべり症に関わる名医、神の手、と呼ばれるような医師にかかることも1つの方法です。

タレントのみのもんたさんの症状を改善させた福井先生というドクターは海外からも手術を受けたいという声が殺到するそうですが、そのようなチャンスに恵まれた場合、安心して受けることができます。遠回りをしないためには、あせらずに的確な判断をしていくことも重要です。