腱鞘炎を治す会 » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


腱鞘炎と呼ばれる病気の中にも種類があります。ポピュラーな種類としてばね指とドケルバン病という種類があります。ばね指という腱鞘炎はタイピング作業、ギタリスト、ピアニストなどに多く見られます。特徴として指を曲げたり伸ばしたりする時に反動でばねのように戻るような動きをするのでばね指と呼ばれています。

手を多く使う職業や動作をする人に多くみられる腱鞘炎の中の1つです。また中高年の女性や出産時期の女性に多く発症することから女性ホルモンの変化が関係しているではないかと考えられています。炎症を起こしている部分が腫れて熱を持つ、曲げにくい伸ばしにくい、または伸ばす時や曲げる時に引っ掛かる感じがします。

痛みを伴い、悪化するとのばしたまま戻らなくなり曲げられない、または曲ったままで伸ばせないなどの症状が現れます。手首の側面にある突起部分に痛みが現れる腱鞘炎をドケルバン病と呼びます。このドケルバン病は赤ちゃんを抱っこする母親、重いものを持つ職業、ゴルフ、テニス、野球、卓球などスポーツで手首を酷使すると起こるのがドケルバン病です。

物を握る捻るなどの動作をする時に痛みを感じるます。親指を握り込んで拳を作り、手首を下に動かした時に手首の一部分が赤くなったり、痛みを感じたりするとドケルバン病の可能性があります。右手と左手を比べて腫れや変形が見られる場合は腱鞘炎を疑った方がいいでしょう。

この二つの腱鞘炎に共通している原因は同じ部分を使いすぎた為に起こる筋肉の疲労です。腱鞘炎を治すには炎症を起こしている部分を休める事が一番の治療法です。

ですがなかなか仕事や育児を休む事は難しいですね。その場合患部をサポートするよなテーピングを患者さん個人に合わせて行います。患部のサポートを行う事により力がかかる負担を少なくするのです。

腱鞘炎で炎症を起こして腫れている場合には患部を冷やし炎症を抑える処置が取られます。自宅でもばね指とドケルバン病の症状が起きている部分に負担をかけないようにしたり冷やすことで炎症を抑える事は出来ます。

出来るだけ意識をして患部を休ませるようにこころがけましょう。ばね指とドケルバン病の症状である痛みや違和感を少しでも覚えた場合は早めに整形外科を受診して治療をしましょう。